Midori Mitamura

三田村光土里

Tiny Room 2015

 


International Art Festival SAITAMA Triennale  2016
Pre-event 2015  HomeBase Project
Company dormitory of a doll factory
(Saitama, Japan)


さいたまトリエンナーレ 2016
プレイベント HomeBase Project

人形の東玉社員寮(さいたま市)

             
           

Tiny Room

Dolls for celebrating children have been manufactured in this town.
Some workers of a doll factory lived in this dormitory.
Opening the window of a lifeless room, we can see trees that still show a turnover of nature that remains alive even after people left.
Accessories of dolls and books left in the room are reminiscent of memories of someone who used to live there.
People say this town has nothing to offer.
However, you can see a row of houses over the vacant field.
Everyday life is present in the place where there is nothing.
Home is a place where we face the most important meeting and parting of our lives.
That is where the biggest happiness and sorrow converge.
Homes in a featureless landscape have all a different family story and yet none of those ways are flat.

小さな部屋

この町では子供の命を尊ぶための人形がつくられている。
この建物にはそこで働く人々の暮らしがあった。
生気を失った部屋の窓をあければ、木々が季節の移り変わりを映し出し、人々が立ち去ったあとも自然が息づいている。
置き去りにされた人形の飾りや、本にはかつてそこにあった人々の記憶を感じることができる。
人々はこの町には何もないという。
しかし目を向ければ、空き地の向こうには家が並んでいる。
何もない場所には人の暮らしがある。
ホームとは、人生の中でもっとも大切な出会いと別れに向き合う場所。
そこは大きな喜びと悲しみが交差する場所。
平凡な景色の先に並ぶ家々にも、それぞれの家族の人生があり、そのどれひとつも平坦ではない。