Midori Mitamura

三田村光土里

Two o'clock afternoon at the hill, on a windy winter day


冬の風の強い日の丘の上、午後二時



Exhibition " Homesickness Of Daylight" 2001

Kasugai City Culture Forum / Aichi, Japan

Solo exhibition " Stories of two rooms" 2002
Contemporary Art Factory/ Tokyo, Japan

展覧会「ひだまりのホームシック」2001
春日井文化フォーラム
個展「ふたつの部屋のストーリー」2002
現代美術製作所 

 

The small room is surrounded by external bookshelves of my family. 

When we look at someone's bookshelf, we always imagine his or her personal life.

Personal bookshelf is like a portrait of someone.

In several places amongst the bookcase, there are several small windows.

We can look into the room which is like a someone’s living room, decorated with portraits of my parents wearing

yellow jumpers and sunglasses. However,  visitors cannot enter the room.

The external bookcases represent invisible portraits and the inside of the room represents unrealistic portraits as well.

 

"Two o'clock afternoon at the hill, on a windy winter day"

The reality we cannot reach or the vortual image we can reach, you can see here.
The reality, like a dream or the dream, like a reality.
Which is the place where time disappeared into?
The rays of the winter afternoon sun at about 2pm,
always let me trip into the inexplicable oblivion for an instant.
What reminds in my mind is only a sentimental feeling.
When I try to assemble images coming from the feeling,
I realize that the humorous factor in my family's life appeared to surface unexpectedly,
although my family lived so eagerly and seriously.
Our life could be such like, may we know.

Give a bitter smile with love for any past and reality of our own life.
Hold our head and say optimistically,
"Well, it all up with me!" when we have a hard time.
The ray of the afternoon sun stream in all the time and everywhere do flatly.

midori mitamura

四方の外壁を本棚で覆った部屋。
本棚には作家本人の家族の蔵書と装飾品が、それぞれの歴史と趣味趣向を物語るように並べられている。
本棚の所々に内側に向かってくり抜かれた窓があり、そこからはおそろいの黄色いセーターに白いフレームのサングラスをかけてポーズをとった、作家の父母の奇妙なポートレートが飾られたリヴィングルームを覗き見ることが出来る。
外側の壁にはその黄色いセーターとサングラスが透明なケースに入って、一対の雉の剥製と共に陳列されている。
部屋の中からは穏やかなクラシックギターの音楽が流れており、どこか物悲しい懐かしさを漂わせている。
見るものは決して中に入ることは出来ない。そこには手の届かない不確かな現実が存在する。

冬の風の強い日の丘の上、午後2時

ここにあるのは手の届かない現実と、手の届く虚像。
現実のような夢。夢のような現実。
消えてゆく記憶はどちらに属するのだろう。
午後2時くらいの冬の日差しはいつも、わたしを一瞬、説明のつかない忘却の世界へ連れて行く。
心に憶えるのは、ただ々、せつない気持ち。
そんな気持ちから浮かび上がるイメージを形にして繋げてみる。
すると、賢明に大真面目に生きてきたはずの、うちの家族の人生も、表面に見えるものは意外にも滑稽さだ。
人生って案外そんなものなのかも知れない。
それぞれの人生のどんな過去も現実も、親しみをこめてクスッと笑ってしまおう。
辛い事には頭を抱えて、「 あー 、もう、しょうがねーな」って具合に。何時もどんな場所にも、午後の日差しはたんたんと降り注いでいる。