Midori Mitamura

三田村光土里

Novels



短編小説

     『文房具屋のまさ子』 


こちらから読む →


 

 
この短編小説は、「大長者まちへそ新聞」への寄稿文として執筆したフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

「大長者まちへそ新聞」は名古屋市西区錦2丁目長者町で1951年から70年近く発行され続け、通刊1895号を数える長者町新聞の紙面を、戦後から続く街区と見立て、その1ページを芸術特区と呼び、紙面上の街の再開発を推進する、アーチスト・山田 亘による手書きの芸術新聞プロジェクトです。