Midori Mitamura

三田村 光土里

        Knitting Woman in the Tenement-house



Site-specific project

Tokyo MUKOUJIMA Art Project 2007 
2008 Backlight 08 Tickle Attack; 8th International Photographic Triennial
MÄLTINRANTA Art Center / Tampere , Fiiland
Lodz Art Center / Lodz, Poland


The Artist Midori Mitamura stayed at an old tenement-house in the downtown area in Tokyo for one month, and knitted the long muffler using the woolen yarn collected from local people.This region remained unburned by the effort of local people from the air raid at World War II. As a result, very old houses overcrowd in this area, and a lot of elderly people live here still now. Yet, recent changes caused by rapid development of the town cannot be avoided. Knitting the long muffler made of wool that people wore out is an attempt of the artist to reproduce or refresh the memories that disappear from the town. Finally, the artist Midori Mitamura and the photographer Masanori Ikeda made visual images from this project as collaborative photo works so as to look like a small fantasy happened in the town.



『編む女の棲む長屋』

2007 向島芸術計画
京島の長屋+現代美術製作所 / 東京
『編む女の棲む長屋』

2008 “Backlight 08” ヨーロッパ国際写真フェスティバル
マルティンランタ・アートセンター( フィンランド、タンペレ)
ロッヅ・アートセンター( ポーランド、ロッヅ)


東京の下町の長屋に1ヶ月間滞在し、地元の人々から集めた毛糸で長い長いマフラーを編んだ。
この地域は、第二次大戦で焼け残った。それは人々の努力によるものだ。
ここには古い家が密集し、今も多くの老人が暮らしている。
最近では町の新しい側面として、急激な開発を避けることができない。
人々が着古した毛糸で長いマフラーを編むことは、町から消えてゆく記憶を再生させる試みのひとつである。

写真家の池田晶紀と三田村光土里は、アート・ユニット「池田みどり」として共同制作し、町に起こった小さな奇跡を写真作品で表現した。