Midori Mitamura

三田村 光土里

TOKYO

Midori Mitamura Open Studio Exhibition

No-Con _ always tangled while not knowing

ノーコン_いつもいつのまにか、絡まっている

Dec 6 [wed] - 16 [sun]. 2018

Art Center Ongoing

 

 

 


A long, long time ago, there were creatures called human beings on the earth. However, once the page on earth in the history book had been turned, human beings had already disappeared. Humans invented languages and languages also divided humans. Through the use of language, humans began shaming others by revealing their secrets and believing nasty rumors all the time. The earth has gravity and everything flowed downward. Humans who wanted to flock followed evil. And even those who were seeking their freedom became to hate others’ freedom while not knowing. Humans always got disappointed with the new generations. Humans visited places far away, however, once they arrived there, they only saw complicated realities of others. Humans who were on the other side portrayed other humans who were beside hell, and they would compete to show off which picture was better drawn. Humans lost their memories while rewriting the records, and then, only impressions remained. Between the world where men must do the same as others and another world where men must not do the same as others while pretending to be a fool, humans became really stupid finally. Humans began measuring everything. Then they started to compete about which could own more. Humans who had a lot of processions always worried about losing them, and they wanted to own more. Then, those who were not wealthy rushed to calls that said " It's cheap! It's cheap! ". "It's cheap! It's cheap!" the people shouted and sank into the depth. Humans did not stop bad things before starting good things. As humans who couldn't wait were always thinking about tomorrow, “today” started running away from them. Humans who believed that bad luck was always caused by someone else had lost hopes in themselves. And they just were standing there as if they were endlessly waiting to have a seat.  


 

むかしむかし、地球には人間という生き物がいました。 地球の歴史の本を1ページめくると人間はもういなくなっていました。人間には言語というものが生まれました。そして言語が人間たちを分けてしまいました。 言語によって人間は他の人間の秘密を叩いたり、悪い噂を信じることばかりに時間を費やすようになりました。  地球には重力があり、何事も低い方へ流れて行きました。 群がっていたい人間たちは悪に従いました。 自由を求めていた人間たちも、いつの間にか自由を憎んでいました。人間たちはいつも新しい時代にがっかりし続けました。人間は遠いところに出かけてみましたが、そこには変わらず、他の人間の複雑な日常があるだけでした。
そこでは地獄の淵にいる人間を対岸にいる人間が描いていました。 そして彼らはどちらがうまく描けているかを競っていました。
人間たちは記録を書き換えているうちに記憶を失ってしまい、印象だけが残るようになりました。まわりと同じでなくてはいけない世界と、まわりと同じではいけない世界の間でバカのふりをしているうちに、いつの間にか人間たちは本当にバカになってしまいました。人間たちはあらゆるものを測り始めました。そしてどちらがたくさん持っているか比べるようになりました。たくさん持っている人間は減る心配ばかりして、もっとたくさん持とうとしました。持っていない人間は安い安いと言われて急かされるようになりました。 安い安いと叫びながら沈んでいきました。人間たちは良いことを始めるより先に悪いことをやめようとしませんでした。待てなくなった人間は明日のことばかり考えていたので、今日が逃げていくようになりました。悪いことをみな人のせいにする人間たちは、自分に期待するのを忘れてしまいました。 そして席に座るためにいつまでも立って並んでいました。

 


 

いつもいつの間にか絡まっている。なぜ絡まるのか、もう考えない。
生きている限り、どうせ絡まるし、何もかも。本能のままに、終わりも始まりもなく、向かう先も決めないまま。作品ではなく、つくっているだけの私を見るでしょう。答えはなくても、そこで同じ空気を吸うでしょう。

 

#ノーコントロール  #ノーコンセプト  #ノーコンテクスト などなど

Something is always tangled while not knowing.
I will not think of it anymore.
Everything will be probably tangled as long as I live.
Making instinctively,
without the beginning, the ending and the goal where I reach.
You will see me who is just making something there.
Then, you will breathe the same air with me there.

#No Control  #No Concept  #No Context ,etc.