Temptation in Blue

Temptation in Blue
2010
 

Participatory art installation & performance
Cooperated with
AICHI Triennale 2010

Nanatsudera Kyodo Studio

 

青い誘惑

参加型パフォーマンス&インスタレーション
あいちトリエンナーレ2010 共済事業 
七ツ寺共同スタジオ 

If you want to be free,

do not be afraid of parting with something

even if it is a lot of things.

We cannot get away from time, gravity and this place

It is a proof of our life.

It is so beautiful because we cannot get away from it.

自由でいるためには

手放す事をおそれてはいけないの

とてもたくさんのものをね

時間と重力とこの場所からは逃げられないわ

それが生きていることの証

逃げられないから美しいし

手に入らないから愛しいの

自由は心の中だけにあるもだから

  A mysterious woman is sitting on a stage inside a small room all day. Visitors call her with a bell at the counter and show her a ticket. Then she inflates a blue balloon inside of the room and hands it to them without smiling or speaking. She looks like she is being controlled and lacks freedom. An attached card is asking the visitor to release a balloon somewhere outside. The balloons symbolize freedom. From the roof of the stage, everyday objects fall down one by one, like one water drop every thirty seconds. The falling objects evoke gravity which we cannot escape. The woman looks like a metaphor of a totalitarianism society without freedom. However, she also doesn’t need to smile like a capitalist society that restricts people by time and money. This work raises awareness of an issue to think about "What is freedom ? " among our various societies; capitalism and socialism, wealth and poverty, male and female, and many different gaps.
Just before making this work, 2 close female friends of mine sadly passed away.  One friend who died of cancer was aware of her remaining life and spent it as free as possible. And another who died of SAH was a sudden death in a quarter of an hour while not knowing her life was going to end so abruptly. Their contrastive deaths raised a question to me. Which death is freer?  What is freedom?

 謎めいた女性が、舞台上の小さなな小屋の中で一日中座っている。観客が呼鈴で中の女性を呼び出し、引換券を差し出すと、女性は部屋の中で青い風船を膨らませて手渡す。女性は無言で笑顔もなく、まるで管理されて自由を失ったかのように。風船に添えられたカードには、もらった風船を帰り道のどこかで空に飛ばしてください、と記されている。青い風船は自由を象徴している。舞台の天井からは、ときおり水滴のように日用品が落ちて来る。天井から落ちて来る小物たちは、重力という、逃げようの無い不自由を表す。女性の姿は、全体主義の不自由を比喩しているかのように見える。一方で彼女は、時間と金に縛られた資本主義社会のように、作り笑いをする必要もない。資本主義と社会主義、富裕と貧困、男と女、様々な多くの格差に満ちた社会環境のなかで「自由とは何か?」という問いへの気づきを、この作品は喚起させる。

 この作品をつくる一年前、私は二人の親しい女友だちを亡くした。一人はガンで、余命を知って、できる限り自由に時間を過ごした。一人はくも膜下出血になって、突然の終わりを予期せぬまま、ほんの15分で逝ってしまった。彼女達の対照的な死は私に問いかける。どちらの死が自由か。自由とは何なのかを。

©midori mitamura

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • ブラックInstagramのアイコン